■バルブの形状について教えて下さい。3種類あると思うのですが、違いがわかりません…。

 バルブは「英式」「仏式」「米式」の3種類がございますので、必ず確認して下さい。

 バルブは空気入れの受けとなる小部品の事を言い、中に弁が付いていて一度入れた空気が逆流しない様な構造になっています。

<米式バルブ(別名:シュレーダー)>
米式バルブ(イメージ)
 クルマと同じ米式バルブはDHバイクなどMTBに使われ、耐久性が高いのが特徴。
 ガソリンスタンドのエアコンプレッサーで一気に空気を入れる事が出来ます。

<仏式バルブ(別名:プレスタ)>
仏式バルブ(イメージ)
 空気も軽く入れ易く、また圧力の調整がし易い仏式バルブはロードバイクやMTBに使われています。
 スポーティーに乗る多くのライダーはこの仏式バルブを選んでいます。

<英式バルブ(別名:ウッズ)>
英式バルブ(イメージ)
 ママチャリのバルブは英式バルブと呼ばれるタイプ。国内のほとんどのママチャリ(一般車)全般に普及しています。
 空気圧調整がし難い形状なので、スポーツ車に採用される事は少ないです。